このページでは、これまでRINGNEの教育プログラムを受講した方が、臨床で実践しているモデルケースを紹介します。

モデル①訪問看護ステーション所長

基礎エコーコース/エコーを用いた排泄ケアコース:初級、中級、上級コース修了
えそら訪問看護ステーション 管理者 篠崎順様

当ステーションでは排泄ケアコースについて、管理者兼看護師である私が上級コースまでを受講し指導者認定証、他2名の看護師が中級コースまでを受講し、修了証を頂きました。エコーの知識や技術が全くない状態で排泄ケアコース(膀胱観察と大腸観察の講習)を受講させて頂きました。Eラーニングでは、エコーの概論から病態生理の基本的知識、実際の使用方法、観察方法をとても効率的に学ぶことが出来ました。

写真やイラストも多数掲載されており、具体的なイメージを持ちながら受講することが出来ました。技術講習会でもエコーの当て方から走査方 法、何が観察出来ているかまで事細かに教えて頂き、抵抗なくエコーを使用することが出来ました。

指導者認定(上級コース)のため症例を重ねていく上でも、疑問に思ったことについて講師に質問が出来たことで、不安なく進めていくことが出来ました。特に在宅の場では、可視化できる機器が限られており、現場の看護師がアセスメントを行う際にも非常に有用性があると感じました。当ステーションのスタッフからも、受講したことでエコーがより身近に感じ、今後アセスメントの一つとして活用していきたいとの要望も受けています。

今後、他のコースについても受講をすすめ、エコーを在宅の現場に導入していきたいと考えております。

モデル②クリニック 皮膚・排泄ケア認定看護師

基礎エコーコース/エコーを用いた排泄ケアコース:初級、中級、上級コース修了
医療法人社団守一会 北美原クリニック
中村深雪様

クリニックでは医師が往診も行っており、WOCNとして褥瘡やストーマのケアの際には同行して、在宅でのケアを行っております。コンチネンス分野として排泄ケアにもかかわりたいと思っていたため、今回排泄ケアコースを受講させて頂きました。

Eラーニングで事前学習をして受講することで、実際の講習会でもスムーズに理解することができました。指導者認定の際にはメールなどでその都度、画像が描写できているか確認することもでき、症例を重ねていくことで、観察する目が養われていくことを実感することができました。

修了後、在宅で便秘と下痢を繰り返す患者さんに対して、エコーによる大腸観察から便秘の種類と原因を推定することで、病態に沿った適切な排便ケアを提供することができ、排便障害の改善につなげることができました。ご家族からは「観察してもらって良かった、安心しました。」との言葉をいただくことができました。実際にエコー画像を使用した可視化に基づく指導ができたことで、ご家族の理解につながったと思います。エコーでの観察は簡便で、非侵襲的に安全に実施することができるため、在宅や施設において、排泄ケアのアセスメントツールの一つとして、今後も活用していきたいと思っています。