失敗しない!末梢静脈カテーテル留置コースでは、エコーによる末梢血管及びその周囲組織、動脈の観察を行うことによって、留置が成功しやすく、且つ留置後の合併症(静脈炎、血管外漏出)の起こりにくい部位を選択し、必要時はエコー画像で針先やカテーテル先端位置を描出しながら、調整を行うという、アドバンストな技術を身につけます。

初級コース

  • Eラーニング
    • エコー検査の基礎知識(30分)
    • エコーによる末梢静脈カテーテル留置技術に必要な知識 1部(20分)
    • エコーによる末梢静脈カテーテル留置技術に必要な知識 2部(25分)
  • 技術講習会(1日)演習:エコーの基本操作
    • エコーの基本操作/画像評価技術の確認 エコーを用いた末梢静脈カテーテル留置技術の体系と観察技術
    • エコーを用いた血管とカテーテルの観察
    • エコーを用いた末梢静脈カテーテル留置アルゴリズムに基づく留置方法

中級コース

  • 自己学習支援サービス(2~3週間程度)
    • エコーによる上肢血管観察(10人程度)
    • エコーガイド下静脈穿刺パッドによる自己学習
    • ICTシステムを用いたエコー画像読影支援
  • OSCE(30分)
    • エコーによる末梢血管、その周囲組織、及び動脈の観察
    • エコーによるカテーテル先端位置の描出と調整(モデル)
    • エコーガイド下穿刺技術確認(モデル)
    • 試験員からのフィードバック
    • 修了証発行

末梢静脈カテーテル留置コース申し込みご希望の方はこちら