エコーを用いた嚥下ケアコースでは、エコーによる咽頭・喉頭の観察を行うことによって、誤嚥物や咽頭残留物の存在をアセスメントしケアを選択するという、アドバンストなケアの実践力を身に付けます。

初級コース

  • Eラーニング
    • エコー検査の基礎知識(30分)
    • 摂食嚥下に関する基礎知識(30分)
    • エコーによる嚥下の観察に必要な知識(基礎編)(30分)
    • エコーによる嚥下の観察に必要な知識(実践編)(20分)
  • 技術講習会(1日)
    • エコーの基本操作/咽頭・喉頭の解剖/エコーによる咽頭・喉頭の観察
    • エコーによる観察に基づく誤嚥物・残留物の評価とケアの選択

中級・上級コースについては近日公開予定!

エコーを用いた嚥下ケアコース申し込みご希望の方はこちら