RINGNEでは、習得する技術レベルに応じた教育プログラムを提供しています。現在、以下のプログラムが利用可能です。

  1. エコー検査(超音波検査)の基礎知識(Eラーニング・ライブラリ)
  2. エコーを用いた排泄ケアコース(初級・中級・上級コース)
    • 大腸観察
    • 膀胱・腎観察
  3. エコーを用いた褥瘡ケアコース(初級コース)

初級コース:基本的な技術を身に付ける

  • Eラーニング
    • エコーの基礎知識から具体的な操作手順、エコー所見に基づいたケアの選択までを学習できる内容になっています(計1~2時間程度)。
  • 技術講習会
    • 技術講習会は月に2回程度、休日に当研究所近辺(東京都文京区)にて開催します。(半日) 実際にインストラクターから直接エコー技術を学ぶことができます。 シミュレータや人体での観察を実施できます。 受講者5名につき1名のインストラクター(看護師)がつきます。

中級コース:実際に自分でできるようになる

  • 初級コース修了後、Eラーニングやワークブックを用いた自己学習ののちにOSCE(Objective Structured Clinical Examination: 客観的臨床能力試験)受験(修了証発行)
    • ワークブック
      • 主にEラーニングの内容をまとめた本です。Eラーニングの復習に使用します。
    • 自己学習
      • 技術講習会終了後、Eラーニング、ワークブック、自身でのエコーのトレーニングによる自己学習を行います。(目安:1-4週間程度)
      • この期間に受講者自身が撮影したエコー画像について、インストラクターからコンサルテーションを受けることができます。
    • OSCE
      • 月に2回程度、当研究所近辺(東京都文京区)にて開催します(1時間程度) 。
      • 健常人を対象に受講者がエコーを実施し、インストラクターがその技術を評価します。
      • 合格した場合は修了証が発行されます。

上級コース:人に教えられるようになる

  • 中級コース修了後、患者30例のOn the Job Training(OJT)とレポート提出(指導者認定証発行)
    • 臨床トレーニングの支援
      • 臨床で30名の方にエコーを実施し、症例レポートの作成支援と確認を行います。

エコーを用いた排泄ケアコース申し込みご希望の方はこちら

エコーを用いた褥瘡ケアコース申し込みご希望の方はこちら